同時廃止と管財事件の説明と違いについて

MENU

同時廃止と管財事件の説明と違いについて

「同時廃止」とは自己破産を申し立てる本人に

財産と呼べるものが無く、また免責不許可事由にも
該当していないような場合に財産をいっさい換価処分せず、
破産の開始決定と同時に破産の手続きを終結させてしまう
手続きです。

 

一方、「管財事件」とは自己破産を申し立てる本人に
財産が存在した場合、その財産を債権者に換価処分し、
分配する必要がある場合に行なわれる手続きです。

 

例えば不動産をお持ちの方はその物件等の価値云々に
関係なく、「同時廃止」は行なわれません。

 

管財人によってその財産の価値を調べる必要が
あるからです。

 

そしてその財産を調査した結果、債権者に
分配するほどの財産が無いとみなされた場合
「少額管財事件」として扱われる場合があります。

 

この、「少額管財事件」とは、「同時廃止」は
出来ないが時間をかけて処理するほどの物では
無い場合に適用されます。

 

私の場合はマンションを所有していましたが、
申し立て時の物件の価値(時価総額の下落による)と
ローンの残高を照らし合わせた結果、債権者に分配出来る
財産が無いと判断され、「少額管財事件」の扱いになりました。

 

また物件や不動産に関する競売ですが、管理物件になってから
競売実施まで半年くらいは掛かる可能性があります。