司法書士の代理業務の適法性について

MENU

債務整理の境界

自己破産でも弁護士と司法書士とでは関与できる範囲が違います。
専門家に依頼する場合でも理解して依頼するようにしましょう。

 

訴訟のきっかけは、神戸市内の司法書士事務所で勤務していた男性が平成19年1月、司法書士の債務整理の和解業務が裁判外代理権の範囲を逸脱しているとして神戸地方法務局に内部告発したことだった。

 

 男性は司法書士に迫られ退職したが、19年7月に解雇の無効を主張し、地位確認と損害賠償を求めて提訴。裁判では男性の通報が公益通報者保護法の対象になるかが争点になり、その前提として、司法書士の代理業務の適法性が争われることになった。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090614-00000529-san-soci

弁護士VS司法書士 債務整理の境界は!?関連エントリー

裁判員制度の日当1万円について
裁判員制度の日当1万円についての考察
多重債務者相談キャンペーン 
多重債務者相談キャンペーンの実施
『法テラスの消費者相談室』および『経済産業省の消費者相談室』等を名乗り、金銭の支払いを要求する「架空請求」のニュース
最近、『法テラスの消費者相談室』および『経済産業省の消費者相談室』等を名乗り、金銭の支払いを要求する「架空請求」が行われているようです。
「暮らしと事業のよろず相談会」を開催!
「暮らしと事業のよろず相談会」を開催!
法テラス大槌開設
法テラス大槌開設
被災者の法テラス利用条件を緩和
被災者の法テラス利用条件を3年間緩和
多重債務者救済キャンペーン2012始まる
多重債務者救済キャンペーン2012始まる