「暮らしと事業のよろず相談会」を開催!

MENU

「暮らしと事業のよろず相談会」を開催!

東京税理士会は「暮らしと事業のよろず相談会」を開催します。
あらゆる相談に、東京の10士業が無料で応じてもらえます。

 

10士業の専門家延べ100名が一堂に会して、合同の無料相談「第17回暮らしと事業のよろず相談会」を開催いたします。
この相談会の特徴は、各士業が得意とする分野の問題について当該士業の専門家が相談に応じるだけではなく、各種専門家がチームを組み、それぞれの「強み」を生かし、合同で相談に応じる「合同相談方式」を採用し、広く実践的に対応するところにあります。例えば、相続問題に関しては弁護士と司法書士が、土地の譲渡に関しては不動産鑑定士と税理士等がチームを組んで相談にあたるなど、暮らしと事業の様々なお悩みにお応えします。相談者される方にとっては、ワンストップで様々な角度から専門家のアドバイスを受けることができるメリットがあります。

 

日  時:平成23年9月11日(日) 午前10時30分〜午後4時30分
場  所:新宿駅西口広場イベントコーナー(新宿駅西口地下1階)
相談方法:街頭における無料相談(予約不要)

 

[主催]東京税理士会、東京都社会保険労務士会、東京土地家屋調査士会、(社)中小企業診断協会東京支部、東京都行政書士会、日本弁理士会関東支部、日本公認会計士協会東京会、(社)東京都不動産鑑定士協会、東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会、東京司法書士会
[共催]災害復興まちづくり支援機構
[後援]東京都、東京法務局、東京労働局、日本年金機構南関東ブロック本部、新宿区、渋谷区、東京商工会議所、東京都中小企業団体中央会、法テラス東京(日本司法支援センター東京地方事務所)、社会福祉法人東京都社会福祉協議会

 

10士業の専門家延べ100名ですからこの機会に相談したいことがある方々は活用して下さい。

 

http://news.livedoor.com/article/detail/5711146/
※この記事の著作権は配信元に帰属します

 

「暮らしと事業のよろず相談会」を開催!関連エントリー

裁判員制度の日当1万円について
裁判員制度の日当1万円についての考察
弁護士VS司法書士 債務整理の境界は!?
司法書士の代理業務の適法性について
多重債務者相談キャンペーン 
多重債務者相談キャンペーンの実施
『法テラスの消費者相談室』および『経済産業省の消費者相談室』等を名乗り、金銭の支払いを要求する「架空請求」のニュース
最近、『法テラスの消費者相談室』および『経済産業省の消費者相談室』等を名乗り、金銭の支払いを要求する「架空請求」が行われているようです。
法テラス大槌開設
法テラス大槌開設
被災者の法テラス利用条件を緩和
被災者の法テラス利用条件を3年間緩和
多重債務者救済キャンペーン2012始まる
多重債務者救済キャンペーン2012始まる