法テラスの扶助制度を活用するための身分及び家族、債務、収入関係、居住、過去に取得した財産に関する提出書類一覧についての解説。

MENU

法テラスの扶助制度を活用するための身分及び家族に関する提出書類

<身分に関するもの>

 戸籍謄本
 世帯全員の記載省略のない住民票(本籍地の記載必須)
 外国人の場合(外国人登録原票記載事項証明書)
 印鑑
 陳述書

※ 提出書類は提出される方の状況等によって異なります。
戸籍事項証明書(全部・個人)は手数料 1通 450円。申請者は本人、配偶者、直系の親族(父母、子、孫、祖父母など)が原則で、それ以外の代理人は、本人からの委任状が必要です。

また住民票は住民票の写し(世帯全員・個人)手数料 1通 300円。申請者は本人、同一世帯の人が原則です。それ以外の代理人は、本人からの委任状が必要です。

外国人の場合は平成24年7月9日からの法改正以前の外国人登録原票に記載されていた事項が必要な場合は、法務省に本人が開示請求が必要です。
<家族に関するもの>

 直近3ヶ月の家計収支表
 診断書(ご家族に病気等の方がいる場合)
 障害者手帳(ご家族に病気等の方がいる場合)

※ 提出書類は提出される方の状況等によって異なります。

給料の支給を受けている人及び最近までお勤めの方

 給与明細書あるいは源泉徴収票
 離職票
 退職金支払い額証明書
・債務返済に関する無料シュミレーターを設置しています。参考になさって下さいネ。
無料診断

  このエントリーをはてなブックマークに追加