自己破産における弁護士と司法書士のメリットとデメリット

MENU

自己破産における弁護士と司法書士の違いとは?

自己破産の申し立ては個人でも出来ます。

 

しかしながら提出書類の手配や作成(破産免責申立書等)、また個人で行う場合は裁判所への出廷など、一般の方には自己破産の手続きなどは、なかなか難しいのではないでしょうか?

 

このような観点から、自己破産を行なう場合は専門家(弁護士、司法書士など)に依頼するのが一般的です。

 

専門家に自己破産の申し立てを依頼する場合、弁護士と司法書士では弁護士に依頼するほうが通常は費用は高くなります。

 

しかし弁護士に自己破産の依頼をするメリットとしては全てを代理で行ってもらえることです。

 

(もちろん揃えるべき書類等は自分で揃えるのですが、裁判所への出廷も代理で行ってもらえます。

 

一例として東京地方裁判所における自己破産では、弁護士が代理人となった場合に限り、破産申立の当日に代理人だけで裁判官と面接を行う即日面接や同時廃止事件。

 

また管財予納金を20万円だけで行われる少額管財事件の制度が用意されています。

 

逆に言うと司法書士は必要書類等の作成を行う代理人というだけで、裁判官と面接を行う即日面接や同時廃止事件を扱う権利・制度が適用されないと言う事です。

 

この様な点を踏まえて依頼すべき専門家も考えなければなりません。面接等の不安を感じるのなら弁護士に依頼したほうが賢明でしょう。

 

また各都道府県によっても裁判所への出廷の有無などの違いもあるので、
お住まいの地域の法テラスなどでご確認されるのが良いと思います。

 

無料シュミレーター