法テラスを活用した自己破産の方法や弁護士費用、流れ等を解説しています

MENU

「法テラス」の概要と業務について

女性ナビゲイター

「法テラス」とは法務省所管の公的な法人で正式名称を「日本司法支援センター」といいます。平成18年4月10日に設立された司法援助機関なのでまだ比較的新しいい機関となります。

 

「法テラスは」法的なトラブル、例えば「借金」、または「離婚」、「相続」といった問題の解決に向けた「道案内」を行うのが約目です。一般人が弁護士等に相談することはなかなか無いのでその敷居を少しでも低く利用しやすくするためのものです。

 

さて「法テラス」の業務は、基本的に情報提供業務、民事法律扶助業務、司法過疎対策業務、犯罪被害者支援業務、国選弁護等関連業務、受託業務の6業務になります。

 

この業務の内、債務整理に関する業務は「情報提供業務」と「民事法律扶助業務」の2業務になります。

 

情報提供業務・・・利用者の問題の解決にあたり、無料で関係機関(弁護士会、司法書士会、地方公共団体、消費者団体)等の相談窓口を「法テラス」において案内しています。

 

民事法律扶助業務・・・何らかの法的問題が発生した場合、経済的に余裕や資力のない方を対象に無料法律相談及び状況に応じて弁護士・司法書士費用などの紹介の依頼や報酬の建て替え、また費用の代理援助の立替えを行います。

 

「法テラス」を活用した自己破産のメリット

女性ナビゲイター

「法テラス」を活用した自己破産のメリットとは何と言っても弁護士費用が安く、且つ弁護士費用を分割で支払えるという点です。

 

最近でこそ弁護士さんに弁護士費用を支払う場合は分割での支払いが可能な場合も増えてきました。「法テラス」の場合は当初より民事法律扶助制度を活用することにより、弁護士費用は分割での返済が可能です。

 

また「法テラス」を利用すると上記のように一般的な弁護士費用より低価格で行えるという点もメリットとして挙げられます。

 

「法テラス」とは経済的に余裕のない方を対象に無料で法律の相談を行い、弁護士費用等の立替、さらに弁護士の紹介などの(「代理援助」「書類作成援助」)行う業務を司る国の機関です。

 

「法テラス」の民事法律扶助制度を利用出来る条件は、日本国民及び日本国に住所を有し、且つ適法に在留する外国人の方なら誰でも利用可能です。

自己破産という債務整理の方法について

男性ナビゲイター

自己破産という債務整理の方法は、平成17年1月1日にこれまでの破産法(大正11年)が新破産法として改正され施行されました。

 

自己破産とは時代、環境の変化により多重債務者の増加とそれらに苦しむ人たちの経済生活の再生、再建の機会を与えるため必要最低限の財産を除いて債務の全てが免除される債務整理の一つの方法です。

 

言うまでもなく自己破産は、債務整理の方法としては最終手段にあたります。それはあなたのほぼ全ての財産を差し出す代わりに、税金を除いたほぼ全ての借金を帳消しにしてもらえるからです。

 

そして自己破産が適用される条件は、裁判所が申立人(あなた)の債務の金額と収入等を考慮した上で、支払不能と判断した場合に適用されます。

 

債務の金額については法的に明確に定められた規定があるわけではありません。しかしどう考えても支払いが不可能な場合、(たとえば何年掛かっても債務が減らない場合や債務が益々増える場合など)は適用されます。

 

自己破産という債務整理のシステムは、日本国が定めた法律です。そして国民に与えられた人生をやり直すための正当な権利です。

債務整理で一番大切で必要なこと!

債務を整理する上で一番大切で必要なことは、ズバリ「勇気です」!

 

  • 家庭内の問題、会社に知られないか?
  • クビになったりしないのか?
  • 友人関係、結婚できるのか?
  • 車は売れないといけないの?
  • 少しばかりのお金も没収される?
  • 将来の不安、再就職は出来るの?
  • 携帯もなくなるの?

なんて不安を数えだすとキリがありません。

 

そして何よりもこの弁護士費用などのお金の問題も大切なんですが、あなたの「悩んでいる時間!」これがもっとも大切です!

 

誰しもが同じだと思うのですが、自己破産だけは避けたい!なんとか他に方法はないのか?と思うのではないでしょうか!?

 

しかし冷静に考えて、もはや結論が出ていませんか?もし結論がでているなら事態を先送りにすることほどもったいないことはありません。

 

ほとんどの人は最後までもがき苦しみ、弁護士費用の捻出に苦しみ、「相談すること」が遅れます。その結果、時間とお金と状況をさらに悪化させます。

 

自己破産を行う場合、「法テラス」を活用する事がベストだと思います。その理由は費用が安いからです。ただし、法テラスの裁判費用や弁護士費用等の立替制度を利用するには収入要件と資産要件に該当するという条件が必要になります。

 

まずは収入要件と資産要件をまず確認して下さい。

 

法テラスの収入要件と資産要件の内容を確認する⇒確認する

 

そしてあなたがこの条件に適合するならば、法テラスを活用するのが費用も安いのでベストだと考えています。

 

もしこの条件に適合できない場合は法テラス以外の専門家に相談するのが良いと思います。
もちろん知り合いに法律の詳しい方がいらっしゃればその方に相談されるのも良いと思います。

 

とにかく1人で悩まず法律に詳しい方に相談することが重要です。

 

専門家に相談することで最善の解決方法が見つかる可能性があります。

 

  • 毎月の支払いの心配が無くなる可能性があります。
  • 会社を辞めないで済むかもしれません。
  • 結婚できるか、出来ないか悩まないで済むかもしれません。
  • 離婚しないで済む可能性があります。
  • 親に迷惑をかけないで済む可能性があります。
  • マイホームを売却しないで済む可能性があります。

 

債務の整理も自己破産だけではなく任意整理や過払い請求など他の方法で解決できる場合もたくさんあります。まずは勇気を持って相談することで一歩前に進めます。

 

無料診断