MENU

自己破産について

平成17年1月1日に、これまでの破産法(大正11年)が新破産法
として改正され施行されました。

 

自己破産とは時代、環境の変化により多重債務者の増加とそれらに苦しむ人たちの
経済生活の再生、再建を与えるため、必要最低限の財産を除いて
債務の全てが免除される債務整理の方法です。

 

言うまでもなく自己破産は、債務整理の方法としては最終手段にあたります。

 

そしてその条件としては、裁判所が申立人の債務の金額と収入等を考慮した上で、
支払不能と判断した場合に適用されます。

 

債務の金額については、法的に定められた規定があるわけではありませんが、
どう考えても支払いが不能な場合(たとえば何年掛かっても債務が減らない場合や
債務が益々増える場合など)は適用されます。

 

しかし自己破産を行なうにも費用が掛かります。

 

当サイトでは自己破産を行なうにあたり、最低限度の費用で自己破産を行なう
「法テラス」を活用した自己破産の方法を解説致します。