自己破産による事業の継続・廃業・設立について解説しています。

MENU

無料相談であなたの債務をチェックしてみましょう

無料診断

破産による事業の継続について

会社

 

一般企業が債務整理を行う場合、会社更生法の申請、M&A、売却、廃業などの整理方法が考えられます。任意整理や個人再生、特定調停などは企業ではなく個人の債務整理の該当する方法です。

 

企業でも当然、破産処理は行いますし個人企業も破産に該当する場合がほとんどでしょう。破産を行った場合の企業の事業継続はほぼ不可能でしょう。破産自体に業務の継続の規定や制限はありませんが(法人化の場合は事業継続不可)、そもそも債務が支払えないから破産するわけで、当然破産による企業資産は差し押さえになります。

事業の継続への課題

資金

 

破産を行うことにより事業資産は差し押さえになり破産管財人により債権者に現金化した後、配当金として分配されます。

 

自己破産の場合、財産として現金は99万円以下、家財道具も評価額が20万円以下なら手元に残せます。しかし法人の場合、個人と法人の区別も難しくまたパソコンや机、椅子、コピー機など本来の生活必需品という扱いにならない可能性があるので差し押さえられる可能性が極めて高いと思います。

 

また事業でお使いの自動車も個人の場合は査定額が20万円を超えない場合は差し押さえられることはありませんが、法人の場合は金額に関係なく差し押さえられます。このような点でも事業継続は難しいのが現状と言えます。

資金の調達について

事業

 

事業を継続していくうえで法人化の場合は法人格の取り消し、家財道具の差し押さえなどから資産がなくなります。事業を展開ししていくには資金や資本が必要です。当然資産がないので借り入れが必要になります。

 

しかし自己破産者はすべての信用調査会社に事故者として登録されます。とくに銀行系の調査会社に登録されるので10年間の融資は不可となります。つまり銀行からの借り入れができない以上、親類や友人などからの借り入れによる事業の立ち上げということになります。

 

またこれまでの負債を与えていない取引先からの借り入れが可能かもしれません。しかし信用問題が顕在化する上での新たな借り入れは常識から言っても困難なことは言うまでもありません。

 

事業主が破産した場合の契約問題について

店舗

 

事業主が破産した場合、従業員は解雇しなければなりません。また解雇する場合には、30日前までに従業員に通知する必要があります。破産する場合の従業員への賃金は未払いということもよくあります。

 

また事務所や倉庫、店舗を賃貸契約において保持してる場合は一旦、契約を解除する必要があります。これは「原状回復義務」というもので、必ず履行する必要があります。

 

しかし新たに取り組む事業にも様々なものがあります。少額の資金で運用できるようなものもあり、一概に無理とも言えません。また権利や制限の解除、復権など普通の生活にも戻れます。

 

自己破産を行っても二度と事業を運営、開業できないということもないのであきらめる必要もありません。

・債務返済に関する無料シュミレーターを設置しています。参考になさって下さいネ。
無料診断

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

自己破産による事業の継続・廃業・設立について解説しています。関連エントリー

自己破産を行っても携帯電話のローンは組めるの!?
自己破産を行なった場合に携帯電話の使用や契約、また分割などの購入自体がは出来るの?などの疑問について解説しています。
自己破産を行うと資格や職業の制限ってあるの?
自己破産を行う場合の資格や職業の制限について解説しています。
自己破産の申し立てを行う場合の費用っていくら掛かるの?
自己破産の申し立てを行う場合の費用っていくら掛かるの?という疑問について解説しています。
自己破産時の「官報」に掲載されるとどのような影響がありますか?
自己破産を行うと「官報」に掲載されますが、「官報」に掲載されるとどのような影響があるの?という疑問を解説しています。
自己破産時に家賃を滞納してるんですが支払い義務はあるの?
自己破産における家賃滞納の支払い義務、また自己破産を行なった場合の新たな賃貸契約は結べるかなどについて解説しています。
自己破産を行なうとクレジットカードやローンは組めないの?
自己破産を行なうとクレジットカードやローンは組めないの?という疑問を解説しています。「個人信用情報機関」の特徴や登録機関なども説明しています。
自己破産の申し立て手続きから免責までの期間についての説明
自己破産の手続きから免責が決定されるまでの期間ってどれくらいかかるの?という疑問を解説しています。
自己破産すると自動車は処分されるの?
自己破産申し立てにおける自動車の取り扱いについての解説。
自己破産を行うには裁判所には出廷しなければならないのですか?
自己破産を行う場合の裁判所への出廷について解説しています。
自己破産を行う場合の財産の取り扱い及び差し押さえについて
自己破産を行う場合の財産の取り扱いや差し押さえについて民事執行法などの法律をを交えて分かりやすく解説しています。
自己破産で免除されないものって何ですか?
自己破産を行った場合の債務について免責されるもの、また免責対象外のものについて説明しています。
自己破産を行なうと家族や会社、友人や婚約者に知られるの?
自己破産を行なうことで家族や会社に知られるの?また自己破産を行ったことが何かに掲載されたり登録されたりするの?という疑問を解説しています。
スーパーホワイトってたまに耳にするのですが何ですか?
債務整理に関連するのかスーパーホワイトってたまに耳にするのですが何ですか?
法テラスの弁護士って一般の個人事務所の弁護士と違うの?
法テラスの弁護士って法テラスの所属の弁護士なの?また一般の個人事務所の弁護士となにか違うの?という疑問にお答えしています。
自己破産時の債権者から督促の電話がかかってきた場合の対応について
自己破産時の債権者から督促の電話がかかってきた場合の対応について説明します。
債務整理における宅ローン特則ってなんですか?またその条件とは?
債務整理に関する様々な疑問や問題、とりわけ住宅ローン特則について対象となる条件等を解説しています。
自己破産を行った場合に掲載される官報って誰が見るの?
自己破産を行った場合に掲載される官報って誰が見てるの?また知人や会社に知られる心配はありませんか?
奨学金を返せなくなった場合に自己破産はできるの?
奨学金を返せなくなった場合に自己破産はできる科について解説しています。また奨学金にかかわる自己破産についての保証人、連帯保証人などのリスクについても言及しています。
自己破産した場合の年金の取り扱われ方と差し押さえの対象とは?
自己破産した場合の公的年金の取り扱われ方と差し押さえの対象となる保険や財産との違いについて解説しています。
自己破産の手続きから免責までの期間?
自己破産の手続きから免責までの期間はどれくらい掛かるの?
自己破産と連帯保証人に与える影響。以外に知らない求償権とは?
自己破産と連帯保証人に与える影響。また求償権についても解説しています。住宅ローンの契約など借入金額が多い場合、日本では連帯保証人が設定されますがはたして支払い義務はあるのか?
自己破産とパスポートの取得や申請、海外渡航について
自己破産を行った場合の海外旅行はできるのか?またパスポートの取得や申請などについて解説しています。
自己破産で妻や子供、また両親、親戚など家族への影響について
自己破産を行うことで妻や子供、また両親、親戚など家族へ与える影響や問題点について解説しています。
法律関連ニュース
法律に関するニュースをピックアップ