自己破産を行なうとクレジットカードやローンは組めないの?

自己破産を行なうとクレジットカードやローンは組めないの?

自己破産を行うとクレジットカードやローンを組めるか?

クレジットカード

 

自己破産を行なうとクレジットカードの発行や銀行等によるローン・借り入れはが5~10年は利用出来ない事になります。理由は「個人信用情報機関」に事故者としてデーターベースに登録されるからです。即ちブラックリストとして登録されるということです。ブラックリスト掲載期間としては免責決定後から5~10年登録されます。

 

登録される信用調査機関は下記の3機関です。

CIC((株)シー・アイ・シー) 主にクレジットカード会社、消費者金融、信販会社、リース会社、携帯電話会社などが加盟している個人信用情報機関。
JICC((株)日本信用情報機関); 貸金業、クレジット会社、金融機関の与信、リース会社、保証会社、などの個人信用情報機関 
全国銀行個人信用情報センター 銀行、信用金庫、労金、信用組合、農協、などが加盟している個人信用情報機関 

CIC((株)シー・アイ・シー)と(株)日本信用情報機関の事故情報の登録期間は5年を超えない期間。つまり5年間は事故情報が残ります。一方、全国銀行個人信用情報センター は10年を超えない機関。つまり10年間は事故情報が残ります。

 

この事故情報掲載期間が経過した後も、自己破産の対象として申し立てを行い免責が許可された対象先とは永遠に取引はできません。

 

つまり○○銀行で借り入れを行い破産の申し立ての対象に○○銀行を債権者として申し立て、免責が許可されたら○○銀行での借り入れは永遠にできないと思っておいた方が賢明です。(企業ごとのデータベースに登録されるため)

デビットカードというクレジットカードの説明

ナビ

クレジットカードを所持していないと受けられない決済等サービスがあります。例えばETCシステムなどですね。ECTについてはECTを利用するにあたり、予め保証金として数万円を担保として利用カードを発行してもらうECTパーソナルカードを利用することができます。

 

また最近はネット通販でもクレジットカードは必須アイテムになりつつあります。クレジットカードを所持していないと、代引きなど着払いでの支払いになり300円から500円程度の余計な費用がかかってしまいます。

 

そのようにクレジット機能の決済が必要な場合は、デビッドカードで対応できます。(自己破産を行なっても発行する事が出来ます)

 

デビッドカードがあればカード決済も安心です

 

デビッドカードとは銀行のキャッシュカードにクレジット機能がついたカードのようなものです。通常のクレジットカードはカード決済後の後払いですが、デビッドカードは契約した銀行口座にお金が入金されていないと決済できません。

 

そういう意味では無駄遣いはする必要もなく、通販等ネットで必要な場合のみに使うためのようなカードです。

無料診断

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トップへ戻る