無料相談であなたの債務をチェックしてみましょう

・債務返済に関する無料シュミレーターを設置しています。参考になさって下さいネ。
無料診断

任意整理で債務を一本化するメリットとデメリット

まとめ

 

任意整理は債権者に対して債務の減額や返済期間の延長などを申し入れ、受け入れられれば約3年で債務を返済していくことになります。

 

任意整理を行う場合、自分の借金がどのくらいいあるのか?また相手は複数あるのかなど、しっかり確認しておく必要があります。

 

任意整理は代理人を通して話し合いが行われます。即ち弁護士や司法書士に依頼する形になります。

 

複数の債権者に対して任意整理を行う場合、代理人に1社あたりの報酬がそれぞれ発生します。

 

もし債務を銀行などの金融機関でまとめられるなら、任意整理を行う場合の費用がお浅偉ることになります。いわゆるまとめローンですね。

 

ただし、あなたの現状の収入と債務の金額が返済可能か否かの審査を通り場の話です。

 

まとめローンを提供する側も返済不可能になれば被害者になるからです。

 

まとめローンは債務が減るわけではありません。

クレカ

 

根本的な問題がもう一つあります。任意整理は債務の減額ついて話し合いますが、まとめローンは債務が減るわけではありません。

 

返済期間は改めて設定することになりますが、任意整理のように3年で返済しなければならないということはありません。

 

任意整理とまとめローンへの切り替えは、債務を減額したいのか、あるいは返済期間を延長したい、のかという事にあります。

 

また任意整理の場合は信用調査機関への登録がなされます。つまり、ローンなどの借り入れが出来なくなります。

 

当然クレカなども没収となり、最大10年はカードが作れなくなります。

 

まとめローンに切り替えることが出来たとして、その後に支払い不能になったとしてもん任意整理を行うことは可能です。

 

まずは現在の債務状況と収入の状況を加味して、今後の対策をどのように行うことがベストかを、専門家に相談することが解決の近道だと思います。

無料診断

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

TOPへ