無料相談であなたの債務をチェックしてみましょう

・債務返済に関する無料シュミレーターを設置しています。参考になさって下さいネ。
無料診断

任意整理についての説明

任意整理とは特定調停と同様に、現在の返済額が減額された場合に債務の返済が可能な場合に検討する方法です。

 

ただし大きな違いは公的機関、即ち裁判所などを介さず債務者との話し合いで債務を整理する事になります。

 

弁護士や司法書士に依頼して債権者と交渉し、利息制限法15%~20%に基づき債務を再計算し、3~5年程度で分割返済していく事になります。

 

任意整理は一見、自己破産に比べて社会的制裁も少なく借金を返済しやすいのではないかと思いがちですが、実際は任意整理を行った人の7割は結局自己破産を行っているというデータもあります。

 

任意整理が認められるといいうことは返済能力と返済計画が債権者を納得させるだけの根拠があるということです。しかし実際には自己破産しなければならないということは債務者に約束が守れない。そう自己管理が出来ないということでしょう。

 

もし任意整理が認められたとしても3~5年間に渡り借金を返済していく自信がないのであれば、任意整理は諦めたほうが懸命です。3~5年間の時間とお金を無駄にするだけです。

 

任意整理の進め方

任意整理は基本的に下記の手順ですすめます。

  1. 債務の調査と債務の確認
  2. 整理案の作成
  3. 債権者との交渉
  4. 整理案に対する債権者の同意及び承諾
  5. 支払いの開始

    1.債務の調査と債務の確認

    債務調査票を作成します。作成項目は借入金額・借り入れた日付・また領収書や借用書を基に返済金額や返済した日付を確認し作成します。もし確認書類がない場合は債権者に問い合わせます。

    2.整理案の作成

    利息制限法に基づき残債を計算しなおし、一括返済か分割返済で弁済します。

    3.債権者との交渉

    任意整理は弁済することが前提です。親や兄弟、知人から借り入れができる場合は一括で返済したほうが良いでしょう。また援助が和えられない場合は分割での支払いになります。

    4.整理案に対する債権者の同意及び承諾

    整理案が作成できれば債権者との交渉に入ります。任意整理の場合、債務の返済期間は通常3年~5年程度とされています。あくまでも同意が必要な整理方法なので破談にならないような調整が必要です。

    5.支払いの開始

    債権者との同意が得られ、承諾書が確認できれば返済の開始です。

任意整理のメリット

<任意整理のメリット>

 

◇ 債務の減額(利息制限法18%に基づいて債務を再計算し、通常金利が0%になる。また場合によっては元金の減額の可能性もある。

 

◇ 公的機関である裁判所を介さないため裁判所の出頭など面倒な手続きの必要がない。

 

◇ 特定調停よりも債務が減額される可能性がある。
(あくまでも私的に行う債務整理で、弁護士及び司法書士等の能力に左右される)

 

◇ 「官報」(国が発行する機関紙)に掲載されない。

任意整理のデメリット

<任意整理のデメリット>

 

◇ 公的機関である裁判所を介さないため不利益を被る事がある。
(あくまでも私的に行う債務整理で、弁護士及び司法書士等の能力による)

 

◇ 債務整理による和解が纏まらない可能性がある。

 

◇ 個人信用情報機関へ登録される。
(いわゆるブラックリストに載るということです。当然のことながら借り入れやローンは組めません。また登録される期間は7年程度)

 

※ 任意整理は私的な債務整理と言う事を念頭において頂きたいと思います。

任意整理について解説。メリットデメリットなど例題も使って解説。記事一覧

任意整理を行った場合、クレジットカードは保持し続けけられるのでしょうか?結論はYESです。自己破産の場合、借金の取り扱いは原則すべての借金を負債とします。つまり特定の債権者だけに借金を支払うということはできません。任意整理は裁判所のような公的機関を通さず債権者と債務者が任意で弁済を行う整理方法です。すなわち任意整理の対象にクレジットカード会社を入れなければ良いのです。特定のクレジットカード会社を入...

任意整理中の返済の延滞や滞納については迅速に弁護士にその旨を連絡する必要があります。また弁護士からの指示があると思いますが債権者への連絡も必要です。債権者への連絡ですが個人が行うのではなく弁護士から連絡してもらう法が良いですね。任意整理は裁判所を介して行うものではありません。したがってあなたと債権者の信頼関係で成り立ちます。しかしながら病気などの何らかの理由で返済できない事態が起こらないとは限りま...

債務整理はできれば一度だけで済ませたいものです。しかしながら意に反することがあるのも人生です。では債務整理は何度も出来るのでしょうか?またその条件はあるのでしょうか?自己破産や個人再生は免責から7年間は2回目の債務整理は出来ません。しかし任意整理はその限りではありません。なぜなら任意整理は債権者と債務者が裁判所を介さないで手続きを進めるためです。つまり裁判所に出廷する必要もなければローン付きの自動...

任意整理が実際に開始されるまでの期間は約4ヶ月前後が一般的です。手順としては弁護士や司法書士に任意整理を依頼します。依頼を受けた弁護士等は受任したことを債権者に通知します。この時点で一時的に債権者からの取り立て監促はストップします。まずは任意整理がどれぐらいの期間をかけて行うのかについて説明します。任意整理の期間というのは弁護士や司法書士に任意整理を依頼してから、和解して支払いが再開するまでの期間...

任意整理中にまた借金することに問題はありません。厳密に言うと追加で借金することは道義的にも法律的にも問題はありません。ただし貸してくれるか否かは別問題です。任意整理中であることを知らない方から借りる。この場合は借りれる可能性はあります。ただし人としての倫理的に問題があるかもしれません。公の金融機関から借りる。この場合はまず借り入れは不可能です。任意整理は弁護士や司法書士を介して行う債務整理の方法で...

任意整理は正直に返済可能な計画を立てなければなりません。無理な計画をたてると結局自己破産を行うことになり本末転倒になってしまいます。しかし債務の整理中でも何らかの問題でお金が必要になる場合もあります。そのような場合は生活福祉資金貸付制度を検討するのも良いと思います。生活福祉資金貸付制度とは厚生労働省が行っている低所得者、障害者、高齢者を対象とした生活資金の貸付制度です。生活福祉資金貸付制度は、総合...

任意整理の合意が成されたあとでも返済方法の変更は可能です。任意整理の合意がなされ返済をして続けていたにも関わらず何らかの原因で返済が滞る可能性があります。例えば、自然災害や病気、子供の進学、身内からの突然の返済要求、その結果、返済に行き詰まることがあります。返済ができない以上、返済方法を見直す必要があります。例えば自己破産や個人再生。ただし、債務整理の方法での返済方法の変更は返済能力がない場合です...

任意整理を成功させるということは、債権者に立案した返済計画を了承してもらうことが大前提です。そして最終的には了承した返済額の完済ができれば成功と言えるでしょう。もちろん、任意整理を行う上での様々な諸条件をクリアできたなら一定の成功とも言えるかもしれません。例えば過払い金の払い戻しができた。支払い利率の見直しや軽減。借金の減額に納得してもらえた。その他にも何かしら借金の返済が行える条件が整理できたな...

任意整理を行う上で相手側に過去になんらかの問題があり、任意整理に応じてくれない場合や和解できない場合があります。このあたりの情報に関しては、弁護士や司法書士とのネットワークで情報が共有されているようで、相談することで解決できると思います。まず、任意整理で確認すべき前提条件を整理することにより、問題が解決できる場合があります。任意整理は債権者と債務者が話し合いを行うことにより借金の減額や返済期間の延...

任意整理は債権者に対して債務の減額や返済期間の延長などを申し入れ、受け入れられれば約3年で債務を返済していくことになります。任意整理を行う場合、自分の借金がどのくらいいあるのか?また相手は複数あるのかなど、しっかり確認しておく必要があります。任意整理は代理人を通して話し合いが行われます。即ち弁護士や司法書士に依頼する形になります。複数の債権者に対して任意整理を行う場合、代理人に1社あたりの報酬がそ...

無料診断

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

TOPへ